大和ハウスが5日続伸し新高値、新工法採用した戸建て住宅の発売が手掛かり

大和ハウス工業<1925.T>が5日続伸し、昨年来高値を更新している。4日に3月7日から新工法を採用した戸建て住宅の新商品「ジーヴォ グランウッド」(木造軸組工法)を発売すると発表したことが手掛かりになっている。新商品は10年ぶりに工法を一新した新工法を採用し、住宅メーカー初の住まいをまるごと遮熱・断熱する「オールバリア断熱」や、構造軸組材を100%国産材で賄う「純国産材仕様」、業界初の耐久性を高めた「シームレス構造」が特徴。太陽発電システム3.04キロワットを標準搭載し、本体工事価格は3.3平方メートル当たり49.2万円からで従来価格比で約1割強安い。年間1000棟の販売が目標だ。

大和ハウスの株価は9時20分現在1799円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)