三井倉がしっかり、自己資本比率引き上げ報道が支援材料に

 三井倉庫<9302.T>がしっかり。日銀の金融緩和による含み資産拡大やTPP交渉参加によるビジネスチャンスの期待を手掛かりに前日まで連日で昨年来高値を更新していたが、きょうは5日付の日本経済新聞が「2016年3月期に連結自己資本比率を3割程度に引き上げる計画」と報じたことが支援材料になった。自己資本は今期末予想で520億円だが、毎期50億円前後の利益を内部留保として蓄積することで、16年3月期には670億円程度に拡充できるとみていると伝えており、財務基盤強化による収益改善が期待された。

三井倉の株価は9時25分現在513円(△1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)