三井不、菱地所など不動産株が堅調、引き続き金融緩和期待の物色継続

 三井不動産<8801.T>、三菱地所<8802.T>、住友不動産<8830.T>など大手不動産株が総じて堅調。引き続き金融緩和強化への期待から、緩和の恩恵を受けやすいとされる不動産株に継続して買いが入っている。またこの日は、次期日銀副総裁候補である岩田規久男氏の所信聴取が衆院で予定されており、金融緩和に向けた発言が出るとの期待も高い。

三井不の株価は9時48分現在2527円(△35円)
菱地所の株価は9時48分現在2585円(△48円)
住友不の株価は9時48分現在3475円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)