日米の材料を見極め

日米の材料を見極め
昨日、アジア開発銀行(ADB)の黒田総裁が衆議院の所信聴取にて「日銀は大胆な金融緩和で出来るだけ早期に目標を実現する」などと発言した事が好感され、ドル/円はこの日の高値となる93.71円をつけた。

本日、次期副総裁候補とされる、岩田・中曽両氏に対する所信聴取が予定されている。

特に積極的緩和派とされる岩田氏の発言に注目が集まりそうだ。

そしてNY市場では米2月ISM非製造業景況指数や、史上最高値更新が目前となったNYダウ平均株価の動向が手掛かり材料となろう。