<前場の注目銘柄>=三洋工業、学校耐震化で需要拡大

 三洋工業<5958.T>は低位材料株人気に乗る可能性を秘めており、下値を拾ってみたい。株価は下値切り上げの展開にあり、動意含みのここは待ち伏せ買いの好機。持ち前の仕手性を発揮すれば突飛高習性発揮の場面は十分ありそうだ。

 同社は軽量天井や壁の下地材、床構造材の大手メーカー。学校の耐震化促進ニーズを背景にして、高いシェアを握る体育館向け床構造材の需要が拡大する見通しにある。また、天井や壁の下地材は好調な住宅用に加え、足もと不冴えのビル・商業施設向けも回復が期待できる。

 13年3月期の連結経常利益は減益見通しにあるが、来期は増益転換する公算が大だ。PBRは0.6倍で評価不足が歴然だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)