外為サマリー:1ドル93円40銭前後でもみ合う、岩田氏の所信聴取に関心も

 5日の東京外国為替市場の円相場は、午前10時時点で1ドル=93円38~39銭近辺と前日午後5時時点に比べ5銭の円高・ドル安。対ユーロでは1ユーロ=121円66~67銭と同12銭の円安・ユーロ高で推移している。
 円は、対ドルで93円40銭前後でのもみ合いが続いている。前日のニューヨーク市場は、目立った経済指標がなく小動きで、この日の東京市場に入っても模様眺め気分が続いている。特に、きょう予定されている日銀副総裁候補の岩田規久男氏への国会での所信聴取が注目されている。また、この日結果が発表されるオーストラリア準備銀行の理事会では、政策金利は横ばいで据え置かれる見通しだが、声明内容などが関心を集めている。また、7日の欧州中央銀行(ECB)理事会の結果などへの注目度も高まっている。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3027~28ドルと前日午後5時時点に比べ0.0019ドルのユーロ高・ドル安となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)