都民銀が4日続伸、金融緩和関連の出遅れで低PBRが手掛かりに

東京都民銀行<8339.T>が4日続伸。株価は前日比64円高の1033円まで買われている。日銀の新総裁、副総裁の衆議院での所信聴取が続く中で、一段の金融緩和期待が高まっている。地銀株はその恩恵を受けるセクターとして出遅れた株価位置にあり、中でも同社はPBRが0.5倍台の評価不足にあることから、水準訂正に期待した向きの買いが流入している。

都民銀の株価は12時31分現在1010円(△41円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)