大成建が小動き、技術者不足や労務費上昇で業績下振れを警戒

 大成建設<1801.T>は小動き。建設投資の増加期待を手掛かりに上昇を続けてきたが、現場の技術者不足や労務費上昇で、業績予想の下振れが警戒され、信用買い残が積み上がっていることも上値を重くしている。来3期以降の営業利益はコンセンサスを下回るとして、直近でクレディ・スイス証券が投資評価を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」、目標株価330円を290円に引き下げた。

大成建の株価は13時03分現在276円(△1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)