ワコムが新高値更新、タッチペン絶好調で円安メリットも意識

 ワコム<6727.T>が38万円台に歩を進め昨年来高値を更新した。急激に需要を伸ばしたスマートフォン向けやタブレット端末向けに同社の生産するタッチペンが絶好調に推移しており、13年3月期は最終利益で前期比2.2倍となる48億円を見込んでいる。また、同社は輸出比率が7割と高い。同社の13年3月期第4四半期の為替設定レートは1ドル=85円、1ユーロ=110円で、いずれもそれよりかなり円安に振れていることも追い風材料となっている。時価PERは32倍近辺と割安感はないが、タッチペンは今後もアジア新興国などで需要拡大余地が大きく、株価は来期以降の業績の成長トレンドを織り込む途上にある。

ワコムの株価は13時12分現在37万1000円(△9000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)