久光が反落、米子会社のホットフラッシュ治療剤がFDA諮問委員会で否決と伝わる

 久光製薬<4530.T>が4日ぶりに反落。米国子会社ノーベン社の閉経による血管運動症状(ホットフラッシュ)治療剤LDMPが、3月4日のFDA諮問委員会で承認勧告が得られなかったと伝えられたことを嫌気。これを受けてみずほ証券では、同証券予想の16年2月期の営業利益403億円のうち、LDMPで約50億円程度を見込んいるとしているが、FDAの審査終了予定日6月28日までに、承認の可能性は低くなったとして、FDA諮問委員会の内容を精査して見直す予定であるとしている。

久光の株価は13時16分現在5330円(▼250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)