三菱重は反落、野村証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 三菱重工業<7011.T>は反落。一時、前日比8円安の510円まで売られている。野村証券が5日付のリポートで、投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に引き下げたことが嫌気されている。ただ、目標株価は430円から570円に引き上げている。
 リポートでは「為替前提の変更、日立製作所との火力発電事業の統合などを考慮して業績予想を上方修正するが、株価は業績拡大を織り込みつつある」としている。

三菱重の株価は14時17分現在511円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)