紙パ株が安い、王子や北越紀州が急落

 紙パルプ株が安い。日本製紙グループ本社<3893.T>は輸入品の流入で採算が悪化した印刷用紙を値上げすると報じられたが、収益環境の悪化が嫌気され、同社株は急落。王子ホールディングス<3861.T>や北越紀州製紙<3865.T>も大幅安となっている。大手紙パ会社は原材料の海外からの輸入が多く、円安は収益の悪化要因ともみられている。

日本製紙グループ本社の株価は14時46分現在1601円(▼121円)
王子ホールディングスの株価は14時46分現在330円(▼31円)
北越紀州製紙の株価は14時46分現在479円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)