SPKが高い、増配継続方針が株価上昇の背景に

 SPK<7466.T>が3日続伸。同社は国内外で自動車の補修用部品などを扱う自動車部品の専門商社だが、好業績で株主還元に前向きな姿勢を貫いている。6日付の日本経済新聞が同社の14年3月期の年間配当は今期予想比2円引き上げて57円にする見通しと報じた。これで16期連続の増配となる。同社は13年3月期の最終利益が前期比13%増の8億5000万円を見込むなど好調だが、一方で配当性向が50%に達するまでは増配を継続する方針。これを背景として株価は昨年11月に三角もち合いを上放れて以来、上昇一途、継続的な買いを呼び込んでいる状況だ。

SPKの株価は9時48分現在1674円(△46円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)