トランス(2432)、上値は重いが、需給面でのしこりはない

チャート上での天井到達感は乏しい、高値突破か
小幅高。やや上値の重い展開となっている。2/4の高値(82000円)が上値抵抗線として意識されており、この手前の水準では利益確定の売りが出ている。しかし、チャートでの天井到達感は乏しく、目先高値を突破する可能性は高そう。適度な調整を経ていただけに、需給面でのしこりは取り払われていると考えたい。