住友大阪と太平洋セメがともに堅調、クレディ・スイス証が投資判断を引き上げ

 住友大阪セメント<5232.T>、太平洋セメント<5233.T>のセメント大手2社が堅調だ。この日は、5日付でクレディ・スイス証券が投資判断をそれぞれ「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価を住友大阪は300円から350円へ、太平洋セメは200円から270円に引き上げたことが観測されている。太平洋セメについては今期は固定費増や生産トラブルに伴う費用増で営業利益段階での会社計画未達を予想するが、来期は反動増が見込まれていること、太平洋セメでは値上げにより石炭コスト増をこなし来期も増益が見込まれることなどを評価している。

住友大阪の株価は9時50分現在296円(△9円)
太平洋セメの株価は9時50分現在236円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)