<動意株・6日>(前引け)=ドワンゴ、東建コーポ、アドヴァン

 ドワンゴ<3715.T>=ストップ高で6連騰。インターネットを利用した選挙運動が解禁される方向で、関連銘柄の一角である同社も継続して人気化していたが、ここに来て一気に買い気を盛り上げた。エイベックスグループが、同社株の一部を角川HDと日本テレビに売却することについても資本提携先の拡大によりビジネスチャンスが広がるとポジティブにとらえられている。

 東建コーポレーション<1766.T>=5日続伸。5日の取引終了後に発表した第3四半期累計(12年5~13年1月)連結決算で、売上高1707億400万円(前年同期比8.9%増)、営業利益53億1900万円(同2.3倍)の大幅増益を好感。受注高が増加したことに加えて、工程管理の徹底などで工期が短縮傾向にあることから完成工事高が増加し、都市型戦略による利益率の低い高層物件の比率が増えたことによる粗利率の低下を吸収した。

 アドヴァン<7463.T>=大幅高。同社は5日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正と配当予定の引き上げを発表しており、これを好感。経常利益は36億6000万円から43億円(前期比29.2%増)に増額。輸入建材の販売が順調に推移していることに加え、昨年末からの急激な円安進行に伴い、2月末時点で約5億円の為替評価益が見込まれている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)