JR東海が続伸、ワシントン~NYリニア構想へ対応

 JR東海<9022.T>が続伸。6日付の読売新聞が「ワシントン~NY間リニア構想へ対応を進める」と報じたことが材料視された。安倍晋三首相が日米首脳会談で米国の高速鉄道整備計画に協力し、超電導リニアモーターカーの技術提供を提案したことを受け、葛西敬之社長が考えを示したもので、実現すれば政府が成長戦略に掲げるインフラ輸出の象徴的な案件になると伝えており、今後への期待が高まった。同社は米国で超電導リニア技術を売り込んでいることから、大きなビジネスチャンスととらえており、列車の運行や点検などの技術支援や駅、路線の整備などのノウハウも提供する見込み。

JR東海の株価は13時36分現在9530円(△210円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)