東洋水しっかり、国内即席麺の増収効果で業績上ブレ観測

 東洋水産<2875.T>がしっかり。生めんの「マルちゃん正麺」への引き合いが強く販売価格も上昇していることから、足もとの業績は上ブレが観測され、直近でUBS証券が投資判断「買い」を据え置き、目標株価を2600円から3100円に引き上げている。UBSでは国内即席麺の増収効果を加味して、今3月期と来期の営業利益予想を上方修正しており、円安による原材料高に苦戦する食品企業が増えるとみられるなか、海外比率が高く、売上げ成長余力のある同社には優位性があると評価している。

東洋水の株価は14時37分現在2794円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)