UMNファーマがS高買い気配、ヤクルトなどとの抗体バイオ後続品の共同展開を好感

 UMNファーマ<4585.T>がストップ高買い気配。6日大引け後にヤクルト本社<2267.T>と健康食品、医薬品の製造販売を展開するアピ(岐阜市加納桜田町)との間で、がん領域における複数の抗体バイオ後続品の研究開発及び商業化を共同で実施することと、その基本的事項について合意し、意図確認書を締結したことを発表したことが好感されている。
 今回の合意に基づき、UMNファーマとアピが原薬・製剤の検討及び製造などを行い、また、ヤクルト本社が開発及び販売などを行うことにより、高品質な抗体バイオ後続品を市場に供給することを目指す。ヤクルト本社は、がん領域の医薬品の研究開発・販売で強みを有することから今回の共同展開への期待は大きい。

UMNファーマの株価は9時39分現在4705円買い気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)