重松製が大幅続伸、一時1400円台意識する展開

 重松製作所<7980.OS>が大幅続伸。足の速さは特筆に値する。一時266円高の1390円まで一気に駆け上がり1400円台活躍を視野に入れ、同時に90年7月につけた上場来高値1500円を実に22年8カ月ぶりに視界にとらえる展開だ。同社は防塵マスクで高いシェアを誇り、米国3Mと提携するほか官公庁向けでも、その商品技術に確固たる信頼を擁している。中国で深刻となっている「PM2.5」対策関連の最右翼に位置しており、社会問題化する同テーマを背景に需給相場の色彩を一段と強めている。日本ではこの時期、偏西風により九州地域を中心に影響が出ているが、スギ花粉など花粉症の季節と重なり不安感が助長されていることも、注目度の高さにつながっているようだ。

重松製の株価は9時56分現在1300円(△176円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)