シャープ(6753)、反落、昨日の急騰に対する反動

短期的な調整余地、下押しには注意
反落。昨日の急騰に対する反動が出ているようだ。昨日の出来高は、2/4以来の大商い。高値付近でにテクニカルの壁が出現しており、下方の窓(302円-334円)を埋めやすくなっている。実際、「窓理論」では買い継続だが、短期的には窓下限(302円)までの下落余地がある。いずれ上昇するにしても短期の振るい落としが必要であり、下押しには注意をしたい。