東京建が反落、オフィス空室率3カ月ぶり悪化で

 東京建物<8804.T>が反落。オフィス仲介の三鬼商事が7日にまとめた2月末時点の東京都心5区のオフィス空室率は前月末比で0.01ポイント上昇の8.57%と3カ月ぶりに悪化。小幅ながら、市況改善期待がやや後退し利益確定の売りを誘っている。きょうは民間雇用指標の改善を受けた米国経済の回復期待や、為替市場で再び円安傾向に振れていることなどから輸出関連株に資金が回っており、同社を含めここ値幅を出していた不動産株全般は軟調な動きとなっている。

東京建の株価は13時12分現在537円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)