ヤマトHDが続伸、野村は2月の宅急便増加を評価

 ヤマトホールディングス<9064.T>が続伸し昨年来高値更新。6日に2月の小口貨物取扱実績を発表しており、宅急便は前年同月比2.8%増(1月は6.6%増)、クロネコメール便は同5.7%減(同2.5%減)となった。野村証券では、2月の営業日数が閏年の反動も含めて前年に比べ2日少なかったため、4~5%程度は伸び率が低く見えることを考慮すると、宅急便は好調だったといえると指摘。さらに営業日の少ない2月を乗り切ったことから、1~3月期業績に安心感あると評している。

ヤマトHDの株価は13時13分現在1640円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)