ゲオHDが反発、2月直営店売り上げが前年同月比プラスに転じる

 ゲオホールディングス<2681.T>が反発し午前に昨年来高値を更新、後場も堅調を保っている。午後1時過ぎに発表した2月度のグループショップ月次データで、直営店売上高が前月比マイナスとなった1月から回復に向かい、2月は前年同月比4.3%増となったことが好感されている。既存店売上高も1月の同9.1%減から同1.3%減に大きく改善している。新発売の「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」や「メタルギアライジング リベンジェンス」がヒットするなど新品ゲームソフトが好調だったことが牽引した。

ゲオHDの株価は13時53分現在10万7500円(△2800円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)