医学生物が一時S高、米IDT社との核酸受託合成サービスの合弁設立を好感

 医学生物学研究所<4557.OS>が一時ストップ高の929円をつけるなど大幅4日続伸し、連日の昨年来高値更新。6日にインテグレーテッド DNA テクノロジーズ社(IDT、アイオワ州コーラルビル)との間で、核酸受託合成サービスの合弁会社設立に関する基本合意書を締結したと発表したことを好感。IDT社はバイオテクノロジーや製薬などの研究活動を行う大学や研究機関、企業へ製品を供給する世界最大の核酸受託合成品のメーカー。今回設立する合弁会社は、日本における合成オリゴヌクレオチドや遺伝子の受託合成サービス、関連商品の販売などを行う方針。日本における核酸受託合成サービスの市場規模は40億円規模と見られることから、世界最大手のIDT社と組むことで、同社業績への寄与が期待されている。

医学生物の株価は14時18分現在909円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)