ダイキンが続伸、「PM2.5」関連の中核銘柄で業績上振れ期待も強い

 ダイキン工業<6367.T>が続伸。2月6日に昨年来高値3825円をつけてから調整が続いていたが、高値圏での値固めが1カ月近くにおよび、上放れの兆しを見せている。空調機業界の世界のリーディングカンパニーで、ストリーマ放電から発生する高速電子を利用した有害化学物質除去技術を確立、「PM2.5」対策関連の中核銘柄として改めて関心を集めており、海外売り上げ比率が61%強と高いことから、業績上振れ期待も強い。

ダイキンの株価は15時現在3560円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)