東日本ハウスが12年11月~13年1月期決算を発表 新製品の販売好調で6%増収

東日本ハウス<1873.OS>が7日引け後に13年10月期第1四半期(12年11月~13年1月)の連結決算を発表。売上高は95億5100万円(前年同期比6.0%増)、経常損益は4億2600万円の赤字(前年同期は5億4000万円の赤字)だった。営業体制の強化や制振パネルを組み込んだ新製品の販売などから、売上高は順調に伸長した。季節変動要因により第1四半期は完成工事高が低水準となるため、経常赤字となるもの。13年10月期通期は売上高593億円(前期比8.5%増)、経常利益54億4000万円(同23.6%増)の期初見通しを据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)