丸善CHIが13年1月期経常利益を上方修正 粗利益改善やコスト削減効果で経常黒字幅が拡大

丸善CHIホールディングス<3159.T>が7日引け後に13年1月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の1740億円から1723億円(前の期比2.1%減)に減額したが、経常損益は6億5000万円の黒字から11億3000万円の黒字(前の期は1億1800万円の赤字)、最終損益は1億5000万円の赤字から3億7000万円の黒字(同30億9600万円の赤字)に見直した。販売環境は依然厳しい状況が続いたことから売上高は想定を下回るものの、店舗・ネット販売事業で粗利益が想定を上回ったことや、図書館サポート事業で原価抑制を徹底したこと、全社的なコスト削減効果が寄与することが利益増額の要因だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)