スクエニHDが続伸、シティ証では日本型ガードバトルゲームの韓国展開加速に注目と

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>が続伸。7日に投資評価「2」を継続したシティ証券によると、会社側が国内で昨年4月、韓国で昨年末に配信開始したネイティブアプリ「拡散性ミリオンアーサー」の韓国でのグロス売り上げが、国内でのグロス売上に匹敵するレベルに達したとコメントしたとしている。これを受けて同証券では、美麗なグラフィックを有する国産カードバトルゲームの韓国展開が加速する可能性があると予想。今後は「ワンピース」などの認知度の高いアニメベースのタイトルや、「アイドルマスター」などコア層にアピール可能な“萌え系”タイトルの韓国展開の動向に注目としており、韓国展開での成功が顕著に見られれば、業界全般に軟調な足もとの株価動向を覆すカタリストとなる可能性があると評価している。

スクエニHDの株価は10時7分現在1102円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)