東亜DKKと英和は騰勢加速、「PM2.5」関連で人気

 東亜ディーケーケー<6848.T>と英和<9857.OS>がともに買い進まれ昨年来高値を更新した。微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が7日に、埼玉県内で一時的に環境基準の2倍を超えるなど関東地域で高い濃度が観測されたことが報じられたことから、微小粒子状物質「PM2.5」の測定装置を手掛けている東亜ディーケーケーが引き続き人気を集めている。これと連動して東亜ディーケーケーの大気汚染測定装置を販売しているも英和も大証で上昇志向を強めている。

東亜ディーケーケーの株価は10時23分現在719円(△83円)
英和の株価は10時23分現在436円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)