大日塗料が急反発、出遅れ低位材料株として投機筋の視線

 大日本塗料<4611.T>が急反発。2月5日に高値197円をつけた後は調整局面にあったが目先の売り一巡、急動意する低位材料株が相次ぐ中、出遅れ感から再び投機筋の視線を集めている。信用買い残がやや重かったものの目先の商い増勢でこれをこなす動き。橋梁や建材向け防錆塗料を手掛けており、政府の公共投資拡大政策に伴い需要が伸びるとの思惑や、子会社を通じてLED照明事業に展開するなど材料性は豊富だ。

大日本塗料の株価は10時49分現在179円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)