Jフロントが連日の昨年来高値、百貨店事業へ集中戦略で中期的成長期待高まる

 J.フロント リテイリング<3086.T>が連日で昨年来高値を更新している。東京店の増床効果やラグジュアリーブランド、美術宝飾品など高額品の販売好調で、足もとの業績は上ブレが観測される一方、イオンへ食品スーパーのピーコックストアを売却するなど、百貨店事業に集中した戦略で中期的な成長へ期待が高まっている。直近でクレディ・スイス証券がレーティング「ニュートラル」を据え置き、目標株価を460円から520円に引き上げた。

Jフロントの株価は11時6分現在609円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)