A&Dが7日ぶり大幅反落、PM2.5関連で急騰も反動安の展開

エー・アンド・デイ<7745.T>が7日ぶりに大幅反落。株価は前日比58円安の580円まで急落している。中国から飛来する微小粒子状物「PM2.5」の対策商品として、同社の超音波温熱吸入器「ホットシャワーPLUS」の需要拡大思惑を手掛かりに、6日、7日と連日ストップ高まで買われた。株価は3月に入りきのうの高値638円まで約7割強の急騰となっていただけに、きょうは高値警戒感からの利益確定売りがかさんでいる。

A&Dの株価は11時30分現在585円(▼53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)