<話題の焦点>=「なでしこ銘柄」17社、女性積極活用企業を選定

 東証と経済産業省は2月26日、女性を積極的に活用し、経営効率も高い東証1部上場の17社を「なでしこ銘柄」として発表した。日本株投資への魅力をアピールするほか、女性の能力を生かすことを促し、日本経済の再生につなげる狙いがあるという。

 選考では、管理職・役員への登用実績や、出産・育児支援の取り組みに優れた企業を業種ごとに1~2社抽出。その上で、ROE(株主資本利益率)が高い企業を絞り込んだ。ただ、この選考基準に対しては、一部市場関係者から疑問の声が上がり「杓子定規に主要17業種からROEの高い企業を選択したため、〝女性を積極的に活用している〟という趣旨に適合する他の企業が対象から外れた」としている。

 株価面で注目なのは、住友金属鉱山<5713.T>。13年3月期通期予想を上方修正し、売上高7640億円を7790億円へ、営業利益730億円を800億円に増額した。金属市況の上昇で、精錬の収益が大きく改善する。

 ダイキン工業<6367.T>は、欧州や中国での空調機器需要が13年3月期下期から緩やかに回復局面入りしていることや足もとの円安で、14年3月期には営業利益が前期比50%増となる可能性も。

 豊田通商<8015.T>の13年3月期通期業績は、売上高6兆6000億円(前期比11.5%増)、営業利益1140億円(同23.4%増)と2ケタ増益を見込む。14年3月期は仏商社買収など連結会社の増加で、増益基調は堅持される。

◆「なでしこ銘柄」17社

銘柄名(コード)   PER(倍)

マルハニチロ<1334.T>  8.9
積ハウス<1928.T>   16.7
アサヒ<2502.T>    16.1
東レ<3402.T>     18.6
花王<4452.T>     21.3
住友ゴム<5110.T>    9.2
旭硝子<5201.T>    14.5
大同特鋼<5471.T>   24.9
住友鉱<5713.T>    10.4
ダイキン<6367.T>   46.5
日産自<7201.T>    12.4
ニコン<7731.T>    21.3
東急<9005.T>     23.3
KDDI<9433.T>   11.6
豊田通商<8015.T>   11.9
ファストリテ<9983.T> 33.8
三井住友<8306.T>   11.3

※6日終値現在

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)