三井海洋が後場急騰、メタンハイドレート関連として買われる

 三井海洋開発<6269.T>が後場急騰し一時ストップ高。この日午後の一部報道で、政府が開発が進めている「メタンハイドレート」について、愛知県の沖合で、世界で初めて海底からのガスの採取が実現する見通しとなったと報じられたことを材料視。日本近海のメタンハイドレートは、愛知県の沖合の埋蔵量だけでも日本の天然ガスの使用量の14年分に相当するといわれていることから、ビジネスチャンスは大きい。同社は浮体式の石油・ガス生産貯蔵設備(FPSO)建造で世界2位メーカーであることから、思惑買いが入っているようだ。

三井海洋の株価は14時01分現在2944円(△493円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)