FJKのバイマスガス化発電施設が再生可能エネルギー発電設備の認定を取得

 FUJIKOH<2405.T>は8日取引終了後に、白井事業所のバイマスガス化発電施設が経済産業省から再生可能エネルギー発電設備の認定を取得したと発表した。木くず、紙くず、繊維くずなどの産業廃棄物や草木類など一般廃棄物を含めた建設資材廃棄物燃焼ガスを利用したバイオマス発電設備で、発電出力は1800キロワット、今回認定を受けたことで、平成40年6月までの15年6カ月間固定価格で販売することが可能になった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)