JR東日本が高値、インドで日本の新幹線技術採用報道を好感

 JR東日本<9020.T>が4日続伸、昨年来高値を更新した。10日付の読売新聞で、日本とインド両政府が、インド国内の高速鉄道整備事業に日本の新幹線技術を採用することで合意する見通しとなったことを報じたことが好感されている。インド西部のムンバイ~アーメダバード間での新幹線導入が検討されており、事業費は9000億円~1兆円規模で、同社に加えて川崎重工業<7012.T>なども参加するという。車両や運行システムなどを含めて一括したパッケージでの受注を目指している模様で仮に受注が実現すれば日本初のケースになる。車両や信号機など幅広いメーカーが恩恵を享受する期待が高まるところ。

JR東日本の株価は9時35分現在7670円(△300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)