ダイキン工業が新高値、PM2.5特需と円安の恩恵

 ダイキン工業<6367.T>が大幅続伸、約1カ月ぶりに昨年来高値3825円を更新している。中国で深刻化する「PM2.5」などの大気汚染問題は偏西風により日本への影響も懸念されている。「同社が手掛ける空気清浄機の販売台数が足もと急速な伸びを示しており、PM2.5関連有力株として市場の注目度が高まっている」(市場関係者)状況だ。また、為替市場では円高修正の動きが加速、同社は欧州向け売上比率が高く、足もと1ユーロ=124円台後半と円安水準でもみ合っていることも株高を後押ししている。

ダイキン工業の株価は9時43分現在3835円(△80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)