都競馬、テアトルなど含み資産関連が高値更新、一段の金融緩和期待の高まりハヤす

 東京都競馬<9672.T>、東京テアトル<9633.T>の含み資産関連株が揃って大幅高し昨年来高値を更新している。この日は参院で日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁から所信聴取が行われており、日銀新体制による一段の金融緩和期待の高まりに伴う不動産市況の上昇期待から、含み資産関連株が上昇している。両銘柄のほか、よみうりランド<9671.T>、東京ドーム<9681.T>なども昨年来高値を更新している。

東競馬の株価は10時53分現在327円(△62円)
テアトルの株価は10時53分現在177円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)