ミライアルが4日ぶり大幅反落、14年1月期の26%経常減益見通しを売る

ミライアル<4238.T>が4日ぶりに大幅反落。株価は前日比167円安の1653円まで売られている。8日引け後に13年1月期連結決算を発表。売上高は116億1300万円(前の期比2.1%減)、経常利益は22億7500万円(同8.1%減)の減収、経常減益となった。続く14年1月期は売上高108億円(前期比7.0%減)、経常利益16億8000万円(同26.2%減)の連続減収、経常減益見通しを公表したことから、これを嫌気した売りに押されている。300ミリシリコンウエハー出荷容器がパソコンや家電市場の低調で昨年後半から再び生産調整に入っていることで需要が減少傾向にあることや、450ミリ容器の減価償却費負担が収益を圧迫する見込みだ。

ミライアルの株価は11時17分現在1700円(▼120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)