ソフトウェアSが急反落、第1四半期大幅減益を嫌気

 ソフトウェア・サービス<3733.OS>が急反落。前週末8日に発表した第1四半期(11~1月)決算が、売上高19億6800万円(前年同期比4.9%減)、経常利益3億5200万円(同38.8%減)と大幅減益となったことが嫌気されている。医療業界のシステム投資意欲は回復傾向にあるものの、市場における競争の激化などから採算が悪化していることが要因。なお、13年10月期通期業績予想は、売上高119億円(前期比12.4%増)、経常利益30億2000万円(同23.9%増)の従来予想を据え置いている。

ソフトウェアSの株価は12時40分現在3710円(▼290円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)