野村不HDは続伸、需給圧迫警戒との見方も

 野村不動産ホールディングス<3231.T>が続伸。新体制による日銀の金融緩和への期待を背景に不動産株が軒並み高になるなか、三菱地所や三井不動産など大手に対する出遅れ感から買いが先行している。ただ、クレディ・スイス証券は野村ホールディングスの保有株式売却が需給を圧迫すると見ており、先週にレーティングを「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」へ引き下げ、目標株価1550円を据え置いている。

野村不HDの株価は13時14分現在1967円(△44円)