新日鉄住金が続伸、被災大規模農地除塩対策プロジェクトに転炉スラグ肥料を提供

 新日鉄住金<5401.T>が続伸。全般水準訂正に対する出遅れ感から鉄鋼株が買い直されるなか、前週末に福島県相馬地域で計画されている約50ヘクタールの被災大規模農地の除塩対策プロジェクトに転炉スラグ肥料を提供すると発表したことが好感された。
 農地の除塩対策に取り組む東京農業大学のグループはイチゴハウスや水田で転炉スラグ肥料を施肥、除塩に有効な方法であることを実証しているが、同社は東農大に協力して転炉スラグ肥料を無償提供してきた。転炉スラグ肥料は石灰とケイ酸を主成分として苦土や鉄分、リン酸、マンガン、ホウ素などの肥料成分を含有しており、骨材や肥料のほか、除塩資材としても利用されている。

新日鉄住金の株価は13時40分現在250円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)