太平洋発が急騰、含み資産関連の出遅れとして低位株人気が波及

太平洋興発<8835.T>が急騰。株価は前週末比34円高の140円まで上昇し、昨年来高値を大きく更新している。金融緩和に伴う不動産市況の上昇期待が高まる中で、含み資産株が物色されている。同社は北海道や首都圏で不動産事業を手掛けているが、これまで含み資産関連人気では出遅れた株価位置にあったことから、きょうは低位株人気が一気に波及した格好だ。

太平発の株価は13時50分現在137円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)