☆「ドル/円」⇒:中期上昇&平均足改良版も「陽線」継続中

■8時間足トレンドチェック

----------------------------------------------------

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:中期上昇&平均足改良版も「陽線」継続中:
(第1ポジション⇒+680P達成)(第2ポジション⇒+1072P達成):
先日6日に中期レジスタンスを超えてことで、トレンドが週足ベース
のトレンドと同じ方向に向き、高値を更新しています。先日は記載
したポジションを利食いした後は、「押し目」となるポイントがないまま
96円を保っていますが、引き続き「押し」を待つ展開です。

☆「ユーロ/ドル」⇒:中期レジスタンスを超えたものの・・・:
(第1ポジション⇒+1230P)、(第2ポジション⇒+1235P):
中期レジスタンスであった1.3088を上抜け、買いポジション(1.3090)
をとったものの、現在は「陰線転換」(平均足改良版)となり、含み損を
抱えている状態です。(目標値は1.3165です)

☆「ポンド/ドル」⇒:売りポジションは利益確定に:
(第一ポジション⇒-226P)(第2ポジション⇒+1003P達成)
先日記載をした売りポジション(1.5040)は、目標値の
1.4956に届き、プラス84Pとなっています。現在の
平均足改良版は「陰線」継続で「下」を示していますが、
次のエントリーは、戻りが確認できたタイミングになります。