キヤノンが後場急騰、決算対策売り一巡との見方

 キヤノン<7751.T>が後場商いを一気に膨らませ急騰し市場筋の注目を集めた。「ここ、主力株の一角は国内機関投資家の決算対策売りが上値を押さえていたが、それが一巡してきた。それを見計らって、外国人などの大口買いが入り、さらに値動きに乗じた提灯買いの動きが株価を押し上げた」(国内ネット証券大手)といい、同社株はその典型となっている。同社株は欧州向け売上比率が高く、為替市場で1ユーロ=124円90銭近辺の推移と円安が進行していることも追い風材料だ。株価は一時、前日比220高い3605円まで買われる場面もあった。

キヤノンの株価は14時47分現在3520円(△135円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)