日本工営が13年3月期業績の上方修正を発表 復興需要でコンサル事業堅調から23%経常増益へ

日本工営<1954.T>が11日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の684億円から720億円(前期比9.2%増)に、経常利益は34億円から41億円(同23.3%増)に増額し、2%経常増益から2割強の増益に見直した。東日本大震災の復旧・復興需要により国内建設コンサルタント事業が堅調に推移したことに加え、前期からの繰越案件が多かったことが収益を押し上げる見込み。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)