ワールド・ロジが事業再生ADRを申請・受理で私的債務整理を開始

 ワールド・ロジ<9378.OS>がこの日の取引終了後、私的債務整理の手続きである「事業再生ADR」の利用を事業再生実務家協会に申請し、同日受理されたと発表した。同社は、2004年に上場して以降、企業規模の拡大を目指して積極的な企業買収や大規模な設備投資を行ってきたが、損益が悪化し09年6月期より連続して営業赤字を計上してきた。12年6月期には58億円の債務超過に陥り、大阪証券取引所から上場廃止に係る猶予銘柄に指定されたが、今回、同社グループ独自での再生が困難と判断し、事業再生ADR手続きを申請することになったとしている。なお、今後の予定としては、3月25日に第1回の債権者会議を行う予定。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)