2月の工作機械受注総額、前年比21.5%減

 日本工作機械工業会が11日に発表した2月の工作機械受注速報によると、受注総額は808億4500万円と前年同月に比べ21.5%減と10カ月連続のマイナスとなった。1月(同26.4%減)からは減少率は縮小した。うち内需は272億4300万円と同12%減、外需は536億200万円と同25.6%減だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)