ドル円、基調が強い(12日展望)

ドル円、基調が強い(12日展望)
◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇  
第3レジスタンス:96.85-90円(ピボットHBOPなど)
第2レジスタンス:96.55-60円(3/8高値圏ピボットS2)
第1レジスタンス:96.40-45円(ピボットS1&60分足3σ上限)
NY引け値:96.27円(+0.28円)
第1サポート:96.15-20円(60分足20本基準線&60分足転換線)
第2サポート:96.00-05円(24時安値圏&ピボットB1)
第3サポート:95.90-95円(前日安値圏&60分足3σ下限)

4日続伸。上昇波動入りの観測通り、シッカリと推移している。今日のところ
も上値試しの地合いが続く見通しで、97円台が視界に入っている状況だ。
上値の節目は90ヶ月移動平均線が絡む97.26円近辺、一気に駆け上がる可能性
があろう。値惚れの新規売りエントリーには警戒を促したい。
注意点としては、三段抜き新値足が反転警戒水準の9-10手目にある事、
週足レベルにおいても、(昨年9月より)陽線新高値で19手目を観測中であり、
行き過ぎ感が台頭。東京マーケット上伸後に達成感が出てくる恐れもある為、
一応、警戒しておきたい。 基本スタンスは押し目買い方針。
慎重派は様子見を推奨。

60分足分析では、やはり買い気が先行しそうだ。前日引け前から強張っており、
基調が上向きのまま加速している。調整をこなしながらも、
97円台まで一気に進む可能性が出ている。
上方は、真空地帯であり、強い抵抗帯は見られていない為、軽快に上げてくる
恐れがあろう。
下方は、60分足20本基準線が節目となりそうだ。
押し目が浅い為、ストップロスを入れつつ、軽快に乗り込んでいく地合いか。

今日の中心予想レンジ:96.15円-97.30円
1日展望*堅調推移を見込む
(AM7:20執筆)

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。